ちきゅうぐみのサイトへようこそ。

日々成長するお子さんのかけがえのない「今」を残そうとするとき、どんな写真が思い浮かびますか?

七五三に記念日と、おめかしして「より可愛く撮りたい」のは多くの方が持つ親心ですよね。あんな衣装やこんな背景と、非日常を楽しむのももちろん素敵なこと。

そんな気持ちを受け止めたエッセンスも加えつつ、ちきゅうぐみでは、被写体を含めた写真全体に、あえて過度のデコレーションはしません。

子どもの眼が本当に輝いている「今」を、残したいから。

そしてその瞬間というのは、日常の中にこそあります。

子どもが楽しい何かに夢中なところや、頑張っている表情。家族いっしょの、心の底から楽しかった時間。

そんなシーンを写した写真に囲まれて育つことで、「自分はできる、がんばれる」「自分は大切にされている」という実感を、日々自然に身にまとうことができるでしょう。

写真は、家族の幸せをしるすとともに、子どもをたたえる言葉でありたい。


愛されて生まれてきていることを、いつでも何度でも思い出せるように。

「育ち」の本質を見つめた写真を通じて、家族の日々をより愛おしむお手伝いができれば嬉しいです。

Profile
打浪 純
Jun Uchinami / Photographer
  • Facebook
  • Instagram

大阪生まれ。立命館大学卒業後、会社員を経て20代半ばで写真の道へ。専門学校、スタジオ勤務を経て2010年に独立。企業広告・雑誌などの分野で活動。

2014年、長女の誕生をきっかけに一家で山梨へ移住。

豊かな自然のロケーションを生かして、子ども・家族・プロフィールなど、本質的な魅力を引き出す人物撮影セッションを展開。

そのほか、

・写真を通じて子どもやママの自己肯定感を上げる活動(2019〜ほめ写認定アンバサダー)

・ママ向け/起業家向けのフォトレッスン、セミナー

・撮ること/撮られることを通じて自分のビジョンを描き叶えていくマインドフル・フォトワークショップ

など不定期開催。2歳男子と5歳女子の二児の母。

【主なクライアント・メディア実績】

NHK Eテレ「デザインあ」/ヴィヴィアンウエストウッド / 朝日新聞 / ペンタックス  /  アマナイメージズ / 無印良品 / ジョンレノン音楽祭スーパーライブ /   韮崎市 / 第一航空 / 株式会社イートアンド(大阪王将) /他

 

 

【人物撮影実績】

オノ・ヨーコ、桑田佳祐、佐藤健、玉木宏、内田有紀、市村正親、西島秀俊、奥田民生、吉井和哉、大村智(ノーベル賞受賞者)、その他、経営者や各界プロフェッショナル、モデル、一般人(会社パンフ、家族写真)など3,000人以上

 

【受賞、展示歴】

2013 富士山フォトアートコンテンツグランプリ・グランプリ受賞

2014 御苗場 レビュアー賞(国立国際美術館)

2016 Canon復興支援フォトコンテスト最優秀賞 / 同グループ展 キヤノンギャラリー仙台

2018 韮崎市制祭ピアノストリートにフォトアーティストとして参画

   ラッピングピアノデザイン・制作。後に韮崎市役所メインエントランスに常設

【取材・メディア出演実績】

朝日新聞WEBマガジン連載・FM八ヶ岳・イイトコ山梨・山梨日日新聞・デジカメWatch

Copyright ©2019 Chikyu-gumi All Rights Reserved.